ポートフォリオ

泉佐野カントリークラブ

大阪府泉佐野市

以下の表では、泉佐野カントリークラブに関する主な情報の概要を示している。

エリア 関西圏
開業年 1972年
本スポンサーによる取得時期 2005年
ホール数 27ホール
総面積 1,343,189 m2
付帯施設 -
アクセス 阪和自動車道「上之郷」出口 6km
鑑定評価額
(百万円)*1
4,900
2015年度来場者数 101,642
2015年度総売上
(百万円)*2
1,061
2015年度稼働率*3 92.6

*1 独立不動産鑑定士により行われた 2015 年 12 月 31 日時点の不動産鑑定評価に基づく。
*2 総収入は、プレーフィー(グリーンフィーとカート代)、キャディーフィー、レストラン利用料金、年会費およびゴルフ場からのその他収入が含まれる。
*3 稼働率 = 18 ホール当たり来場者数合計 ÷ (営業日数合計 x 200 人

ロケーション

泉佐野カントリークラブは、大阪府泉佐野市に位置する。大阪府は三大都市圏のひとつである近畿地方の中心部に位置しており、2012年12月末時点における居住者数は886万人を数え、また2012年3月から2013年2月までの期間におけるゴルフ場入場者総数は206万人であった。本ゴルフ場は、阪和自動車道上之郷出口から約6kmで近畿自動車道や阪神高速道路からの接続が良く、大都市圏である大阪府内からのアクセスが極めて良好である。

泉佐野カントリークラブの概要

犬鳴コース(9ホール)、稲倉コース(9ホール)、大阪湾コース(9ホール)の計27ホールによって構成されており、大規模な造成でフェアウェーが広くフラットで、OBの少ないコースである。犬鳴コースは、距離が長く比較的難易度が高く、戦略的プレーが楽しめるコースである。稲倉コースは、距離が短いものの地形の起伏を活かしたコースである。大阪湾コースは、犬鳴コースと稲倉コースの特徴を備えており、上級者のみならず初心者や女性のゴルファーも存分に楽しむことができるコースである。その最大の強みは、距離の長さやコースの広さであり、若年層ゴルファーからの人気が高い。

ゴルフ場としての市場性

本ゴルフ場の主な集客地域は、大阪府内の堺市、泉佐野市、貝塚市および岸和田市などの近隣地域である。主要集客対象地域である堺市からは、高速道路を利用せずに車で約1時間でアクセス出来る。また、本ゴルフ場の入場者の大半が50歳代以上で、年配者の多くが、定期的に平日にプレーをしたり、トーナメントに参加したりしており、平日の稼働率は約78.1%となっている。当ゴルフ場は3,900名を超える会員を有しており、2013年度において、入場者の約42.1%が会員であり、入場者の約21.7%が会員同伴であり、ゴルフ場の安定的な稼働に寄与している。さらには、2011年にアコーディア・ガーデン柏原(ゴルフ練習場)がオープンし、同練習場からの来場者も増加している。

なお、本ゴルフ場はコース幅も広く、距離も長いため、競技志向のゴルファーでも充分楽しむことができるとともに、若年層ゴルファーにも人気がある。温暖な気候を背景に通年での営業を実現しており、安定した入場者を確保している。