ポートフォリオ

加茂カントリークラブ

京都府木津川市

以下の表では、加茂カントリークラブに関する主な情報の概要を示している。

エリア 関西圏
開業年 1974年
本スポンサーによる取得時期 2005年
ホール数 36ホール
総面積 1,206,331 m2
付帯施設 練習場 15打席
アクセス 京奈和自動車道「木津」出口 11km
鑑定評価額
(百万円)*1
4,300
2015年度来場者数 131,304
2015年度総売上
(百万円)*2
1,153
2015年度稼働率*3 89.7

*1 独立不動産鑑定士により行われた 2015 年 12 月 31 日時点の不動産鑑定評価に基づく。
*2 総収入は、プレーフィー(グリーンフィーとカート代)、キャディーフィー、レストラン利用料金、年会費およびゴルフ場からのその他収入が含まれる。
*3 稼働率 = 18 ホール当たり来場者数合計 ÷ (営業日数合計 x 200 人

ロケーション

加茂カントリークラブは、京都府木津川市に位置する。京都府は本州の中央付近で、三大都市圏の ひとつである関西圏に位置している。京都府の2012年12月末時点における居住者数は263万人を数え、 2012年3月から2013年2月までの期間のゴルフ場入場者総数は128万人であった。木津川市は京都府の 南部に位置しており、京奈和自動車道木津川出口から約11km、第二阪奈有料道路宝来出口から約 20kmの位置に立地している。近隣地域はニュータウン開発が行われているため、京都府内でも有数 の人口増加地域である。

加茂カントリークラブの概要

加茂カントリークラブは、東コース(18ホール)および西コース(18ホール)で構成されている。 西コースでは飛距離よりも正確性を重視する高い戦略性が要求される。東コースはフラットなコー スレイアウトであり、コース幅は広いもののバンカーなどの複数のハザードを擁していることが特 徴的であり、これらはアメリカンスタイルのコースを模して戦略的に配置されている。これらの趣 の異なる2コースにより、それぞれ趣の異なるゴルフプレーを楽しむことができる。

ゴルフ場としての市場性

加茂カントリークラブは、主な集客対象地域として、京都府だけではなく、京都府に隣接している 大阪府や奈良県など広域からの集客を行なっている。本ゴルフ場は京都府南部に位置しているため、 大阪市内や大阪圏内のベットタウンである大阪北河内地区からは自動車で約60分、奈良市からは自 動車で15分である。本ゴルフ場が関西圏の住宅地域から近いことは、入場者層を拡大する上で地理 的に有利である。本ゴルフ場の2013年度の年間入場者数は112,000人(18ホール換算で約56,000人に 相当)であった。大阪府からの入場者比率は入場者総数の50%を超えており、本ゴルフ場のアクセ スの良さが、その主な特徴として挙げられる。

加茂カントリークラブは、2013年3月末時点において4,700名を超える会員を有しており、入場者総 数に対する会員の入場者比率は2011年度の約27.8%から2013年度には約31.3%に上昇しており、ま た、会員と会員同伴でのビジターの入場者合計数は、約55.7%を占め、安定した入場者フローを確保している。

加茂カントリークラブは、カジュアルゴルファーを対象とした手頃な価格の料金設定を行い、入場 者数が多い。また36ホールあることから大規模な組数でのコンペ需要にも対応することが出来る。 過去3年間の本ゴルフ場への入場者数は約91,000人から112,000人で推移しており、コースの集客力 を示している。加茂カントリークラブがより多くの来場者から評価を得るにつれて、レストランや 売店の収益も増加しており、競合ゴルフ場との価格競争や差別化の為に、コースクオリティーの向 上に取り組んでいる。