ポートフォリオ

きさいちカントリークラブ

大阪府交野市

以下の表では、きさいちカントリークラブに関する主な情報の概要を示している。

エリア 関西圏
開業年 1968年
本スポンサーによる取得時期 2005年
ホール数 27ホール
総面積 575,504 m2
付帯施設 練習場 12打席
アクセス 第二京阪道路「交野南」出口 7km
鑑定評価額
(百万円)*1
4,520
2015年度来場者数 103,172
2015年度総売上
(百万円)*2
1,051
2015年度稼働率*3 94.0

*1 独立不動産鑑定士により行われた 2015 年 12 月 31 日時点の不動産鑑定評価に基づく。
*2 総収入は、プレーフィー(グリーンフィーとカート代)、キャディーフィー、レストラン利用料金、年会費およびゴルフ場からのその他収入が含まれる。
*3 稼働率 = 18 ホール当たり来場者数合計 ÷ (営業日数合計 x 200 人

ロケーション

きさいちカントリークラブは、大阪府交野市に位置する。大阪府は三大都市圏の一つである関西圏 の中心部に位置している。大阪府の2012年12月末時点における人口は886万人を数え、また2012年3 月から2013年2月までの期間におけるゴルフ場入場者総数は206万人である。交野市は、大阪府の北 東に位置しており、大阪圏内の主要地域からの所要時間は約40分である。近接する国道168号は、第 二京阪道路の交野南出口と交野北出口からきさいちカントリークラブを結ぶ道路であり、それぞれ の出口から約7kmおよび約8kmの距離にある。また、近畿日本鉄道奈良線生駒駅から車で20分、京阪 電気鉄道京阪本線および交野線枚方市駅から車で約30分であり、したがって、電車での首都圏から のアクセスの良さに優れている。

きさいちカントリークラブの概要

松コース(9コース)、竹コース(9コース)および梅コース(9コース)の合計27ホールで構成され る。これらのコースレイアウトは、全般的にフラット地形ではあるが、谷越えや打ち下ろしのホー ルがいくつかあるため、変化に富み、戦略性を備えている。松コースは、丘陵にレイアウトされて おり、距離は長く、フェアウェーも広くゆったりしたコースである。竹コースは、かなりの高低差 を活かしたレイアウトであり、プレーバリエーションに富んだコースである。梅コースは、距離は 短めであるものの、フェアウェーが狭く正確なショットが要求される。

ゴルフ場としての市場性

主な集客対象地域は、大阪市、守口市、門真市などの大阪府の主要都市や、大阪府に隣接している 京都府および奈良県である。きさいちカントリークラブは2013年度末時点で4,200名を超える会員を 有しており、大阪圏内からのアクセスが優れていることから主な会員の居住地域は大阪府大阪市である。また、きさいちカントリークラブは、大阪府、京都府、奈良県の3県のほぼ中心に位置してお り、上記の集客対象地域からのアクセスは車で60分以内である。

2013年度の延べ入場者に占める会員および会員と同伴でプレーするビジターの入場者比率は、それ ぞれ約44.6%と約21.2%であり、4,200名を超える豊富な会員数を背景として、強固な顧客基盤を有 している。特に2013年度における休日の会員の入場者比率は60%を超えており、安定した顧客フロー が本ゴルフコースの特徴である。また、近年、主要高速道路が整備されるなど、本ゴルフコースへ の交通アクセスが向上したことも当クラブの人気上昇に寄与している。