ポートフォリオ

ノーザンカントリークラブ錦が原GC

埼玉県さいたま市

以下の表では、ノーザンカントリークラブ 錦ヶ原ゴルフ場に関する主な情報の概要を示している。

エリア 首都圏
開業年 1963年
本スポンサーによる取得時期 2005年
ホール数 43ホール
総面積 1,328,762 m2
付帯施設 練習場 25打席
アクセス 都高速・埼玉大宮線/与野出口8km
鑑定評価額
(百万円)*1
4,330
2015年度来場者数 149,785
2015年度総売上
(百万円)*2
1,229
2015年度稼働率*3 88.6

*1 独立不動産鑑定士により行われた 2015 年 12 月 31 日時点の不動産鑑定評価に基づく。
*2 総収入は、プレーフィー(グリーンフィーとカート代)、キャディーフィー、レストラン利用料金、年会費およびゴルフ場からのその他収入が含まれる。
*3 稼働率 = 18 ホール当たり来場者数合計 ÷ (営業日数合計 x 200 人

ロケーション

ノーザンカントリークラブ 錦ヶ原ゴルフ場は、埼玉県さいたま市に位置する。埼玉県は三大都市圏 のひとつである首都圏の西側内陸部であり、東京都の北側に位置している。埼玉県の2012年12月末 時点における居住者数は721万人を数え、埼玉県における2012年3月から2013年2月までの期間におけ るゴルフ場入場者総数は382万人である。さいたま市は、埼玉県の南東部に位置しており、東京中心 部より自動車で約40分の距離にある。ノーザンカントリークラブ 錦ヶ原ゴルフ場は、首都高速埼玉 大宮線与野出口より約8kmであり、河川敷コースではあるが、アクセスの良さと都市圏に隣接してい る便利な立地により、ゴルファーから高い評価を得ている。

ノーザンカントリークラブ 錦ヶ原ゴルフ場の概要

ノーザンカントリークラブ 錦ヶ原ゴルフ場は、さくら草コース(18ホール)、なの花コース(18 ホール)、れんげ草(7ホール)の計43コースで構成される、荒川に面した河川敷コースである。さくら草コースは戦略的なプレーを好む競技志向ゴルファー向けのコースで、ロングホールに相当す る長い距離のあるミドルホールが特徴である。なの花コースは女性や年配者から初心者までの幅広いゴルファーに人気があり、フェアウェーに乗用カートを乗入れることも可能である。れんげ草コースは7ホールで、初心者の練習に適しており、また高齢者に好評なハーフプレーなど、多様なゴルフプレースタイルが可能となっている。

ゴルフ場としての市場性

便利な立地および優れたアクセスにより、錦ヶ原ゴルフ場は埼玉県および東京の多くの都市から集 客している。また、れんげ草コースは7ホールのショートコースであり、初心者や年配者のゴルファーに好評である。

2013年3月末時点で6,400名を超える大規模な会員(ノーザンカントリークラブ共通会員を含む。) を有していることや、東京および埼玉県という大きなマーケットからアクセスが良いこと、43ホールとホール数も多いことから、本ゴルフ場は多くのゴルファーを惹きつけている。過去3年間の入場者総数は、約15万人から16万人(18ホール換算では約6.5万人に相当)で推移している。

総入場者に占める会員比率は2013年度において約39.4%で、それ以降およそ同水準で安定的に推移し ている。平日における稼働率は2011年度の約76.8%から2013年度には約83.9%に向上している。集客努力には、会員向けダイレクトメールや、割引チケットの送付などのクローズドマーケットによるアプローチに加えて、オンライン予約やオープンコンペなどのキャンペーンによる営業を通じた広域での集客施策による努力も含まれる。強固な顧客基盤を活用して、本ゴルフ場はプレー料金を落とすことなく入場者を増やすなどの営業戦略を行なっており、2009年よりカフェテリア方式のレストラン運営方式に変更するなど業務の効率化を進め、これにより、より高い収益性を達成してい る。キャディなしプレーのみの営業活動を行なっていることも、本ゴルフ場の特徴として挙げられる。