ポートフォリオ

土浦カントリー倶楽部

茨城県稲敷市

以下の表では、土浦カントリー倶楽部に関する主な情報の概要を示している。

エリア 首都圏
開業年 1962年
本スポンサーによる取得時期 2005年
ホール数 27ホール
総面積 814,039 m2
付帯施設 練習場 14打席
アクセス 首都圏中央連絡自動車道/稲敷出口6kmm
鑑定評価額
(百万円)*1
3,790
2015年度来場者数 96,033
2015年度総売上
(百万円)*2
948
2015年度稼働率*3 87.5

*1 独立不動産鑑定士により行われた 2015 年 12 月 31 日時点の不動産鑑定評価に基づく。
*2 総収入は、プレーフィー(グリーンフィーとカート代)、キャディーフィー、レストラン利用料金、年会費およびゴルフ場からのその他収入が含まれる。
*3 稼働率 = 18 ホール当たり来場者数合計 ÷ (営業日数合計 x 200 人

ロケーション

土浦カントリークラブは、茨城県稲敷市に位置する。茨城県は日本の三大都市圏の一つである関東 地方の北東に位置し、東側は太平洋に面している。2012年12月末時点における茨城県の人口は294万 人を数え、2012年3月から2013年2月までの期間におけるゴルフ場入場者数は545万人であり、2011年 に発生した東日本大震災の影響があったものの、前年比で12%増加している。稲敷市は茨城県の南 部に位置しており、東京中心部より約80分の距離である。本ゴルフ場は、首都圏中央連絡自動車道 稲敷インターチェンジからわずか6km、東京都心から84.5km以内とアクセスが容易である。

土浦カントリー倶楽部の概要

土浦カントリー倶楽部は東コース(9ホール)、西コース(9ホール)、南コース(9ホール)の27 ホールで構成される。東コースは比較的フラットではあるが、多くのゴルファーにとってほどよく 攻めがいがある一方で、西コースはコースもグリーンもゆったりした独特なレイアウトが特徴であ る。南コースは、池とワイドな眺めによるバランスのとれた景観が引き立っている。開場40年であ り、松、杉林に囲まれ、フラットかつ曲がりくねった林間コースがあることが、この27ホールの特 徴である。ゴルファーは、飛距離を追及したり、戦略的で正確なプレーをしたりできるなど、豊富 なプレースタイルを楽しむことのできるコースである。

ゴルフ場としての市場性

本ゴルフ場は、多くの千葉県からの来客を惹き付けている。2009年に首都圏中央連絡自動車道の稲 敷出口が開通したことに伴い、東京都心からのアクセスも所要時間約80分と容易になり、より広い 地域からの集客が可能となった。最寄の高速道路の出口からわずか7km、車で10分という本ゴルフ場 の好立地が集客に対する強みとなっている。

2013年度の入場者数は94,000人(18ホール換算では62,000人)であるが、東日本大震災発生前の 2010年度の入場数92,000人を上回っている。本ゴルフコースは、2013年3月末時点で、強固な顧客基 盤となる4,400名を超える会員を有しており、2013年度における入場者の会員権保有率が約34.4%で、 休日の入場者については約48.7%が会員であるのが特徴である。豊富な会員数を背景として、効率 的稼働率を最大限とすることを狙いとする料金設定に取り組んでおり、キャディー付きプレーは選択性となっているが、多くの入場者がキャディーなしでのプレーを選択している。

レディースティなど女性ゴルファーを特に意識したサービスも導入されている。オンライン予約に よる集客も力を入れている分野であり、2013年度のオンライン予約による入場者は約37.1%である。レストランは業務コストの削減のため、カフェテリアスタイルにより提供しており、その他サービ スにおいてもコストを最適化するためにセルフ化を導入している。